無限/夢幻の箱庭

美術・音楽など。

考え事を一歩先に進めるにはやっぱり手書きのメモでしょ!

意外と忘れるカタカナ1つ

昨日Twitterで知り合いが呟いていた、「デジタルデバイスを使い続けている50音やアルファベットで幾つか忘れているものが出てくる」と。

わたしもそうなのだ。カタカナの中で幾つか覚えていないものがある。

提出する書類があって書けないものがあるといちいちメモアプリを開いてから確認して書く。
 
すぐに書けないと精神衛生上よくないし書いていて言葉に詰まるとそこで考えていることが止まるのだ。
 

手書きへの回帰

f:id:brahmsist:20130727222258j:plain

こうなるとリハビリだ。
書けない漢字があれば恥を偲んで一度iPhoneか何かで確認、しっかりとノートに刻み込むように丁寧に書く。
さあ、メモも目的があれば撮る機会が増える。
そうだ、ブログだ。
書きたいテーマに関する言葉を書けばそれから考えが広がる。
これはわたしだけだろうか、紙やペンを使って書くのは視覚はもちろん触覚を刺激するのでテキストエディタを使って書くよりも捗るのだ。
 
ブログにするときは最後にブログエディタで仕上げればいい。
 

使う文房具は気に入ったものを

使いたくなるものがいい。続けられるしメモ自体が楽しみになる様になる。
 
 
わたしが使うノートはモレスキン
表紙はレリーフになっており美しく紙も質がいい。触っていても筆致も心地がいい。
 
ペンは結構いい加減なのだが目的があれば使い続けられる。
また、ペンは小さいゆえ気をつけていてもなくす可能性は否定できない。
なくしても後悔しない、それでもある程度書き味がいいものを。1本¥400前後がちょうどいい。
 
丁寧に書く必要はない
だってメモだもの。誰かに見せる訳じゃない。
丁寧に書ければ綺麗だしそれにしくはないが、時間はかかる。字がうまくなければ尚更のこと。


手書きでさっさと思いつくままに書いていけばいいアイデアが浮かぶかもよ!?
 
Take your way!
 
広告を非表示にする