読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無限/夢幻の箱庭 別館

本館は此方→https://t.co/8Jt2rivgg2

政治に興味を持ってもエネルギーの消耗に注意を要すること

今週初めの橋下徹 大阪市長の発言で国内や友好関係にない国家のみならず、同盟国のアメリカにまで日本が避難にさらされることとなった。

 

これにより諸外国から日本への捉え方の一つがはっきりした。
それはここではこれ以上詳しくは述べない。
ずっと前から考えていたことなのだが、これを機械に記しておくこととした。

今日のお話はタイトルの通り。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

兎に角、論点の支流が多い事柄である。
この世には簡単に片付けられるものはひとつもないが、考えうるすべての要素が政治にはある。

知識は勿論のこと、読解・思考の構築のための論理、原因と結果に伴う感情の変化…

 

それがなければどれだけ事が簡単に進むことだろうか。

1:「原発はいけない、太陽光がいいじゃない」

2:「戦争で多くの人が傷つくから軍隊はいらない。戦争放棄で平和がいい」

極端な例を出したが、エネルギーも安全保障も論点だらけだ。

 

1について。

太陽光発電原子力発電所一基分の電力を賄うには山手線県内の土地面積が必要とされている。

設置する土地の確保だけでどれだけ問題があげられるだろうか?

 

2:戦争については?
上のように主張する者でさえ、それが起きる原因は既にあらゆる所で学んだ筈。要因一つとってみてもそれが様々な論点がある。

単に軍を置いたり十分な装備を整えるだけで解決できるものでもない。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

関心を持ったら生半可な知識・論理では判断はできない。

故、少ない時間でもできるだけ文章を読み知識をストックしていく。過去の事例を読み解いていく。そうして学びことが必要になる。

 

前述した通り、それは膨大な量を要する。

我々はただ寝て食事をして寝ているだけではない。

学び、働いている。忙しさや難易度は其々異なるが、睡眠や食事など生活に必要な最低限の時間や就業時間を1日から差し引いたら何に使いたいか?

友人や恋人、家族との触れ合いや趣味の嗜みの時間とするだろう。

 

そう、時間は少ない。1日が24時間だろうと48時間だろうと同様の時間配分を選ぶだろう。

 

成る程、政治の話を避けたい人が多いわけだ。

「ばっちゃに政治と宗教のことは口出すな、といわれた」というのをよく見かけるが今回の件でわたしも漸くわかった。

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

自分のことをしっかりやるのが一番。

気になるなら政治クラスタのブログやツイートを読む程度でわたしは構わないと思う。

 

新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき

新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき

広告を非表示にする