無限/夢幻の箱庭

言葉はすべて。

2013-11-11から1日間の記事一覧

ボロディン:交響曲第2番の思い出

弦の細かいパッセージが弾けない・合わないのはこの曲に限った話ではない。 第4楽章は拍子が3/4や4/4に次々と変わっていく。こういった変拍子の曲を取り上げることはアマチュアオーケストラでは珍しい。また、アンダンテから直接入るのも表情の変化に鈍感で…