無限/夢幻の箱庭 別館

本館は此方→https://t.co/8Jt2rivgg2

睡眠は一生ものですよ、睡眠がよくなる4つの助けをば

 快眠のある生活が第一が一生のテーマになった経緯

大学に入り一人暮らしをするまで、小さい家で寝るときは1部屋3人で寝ていた。

父親のいびきや寝言が煩わしい。声が大きい分質が悪い。
粗暴で聞く耳を持たない。家計の事情でもう少し広い家に転居することが叶わない。
 
堪らずにとった対策が耳栓着用。
これが14歳の時なのでかれこれ19年続けている。
高校からの、特に受験のための勉強も他の家族のいる部屋で勉強せざるを得なかった。
睡眠対策と巧くいかない勉強とでストレスは溜まるばかり。

浪人時代は予備校まで往復100分の通学、成績は奥表まで遥かに遠い。
深夜勉強を軽くするため早起きして1限の講義の前に勉強。
地歴を2科目から1科目減らして帰りが早くなる日ができた。
5戦2勝3敗。
第1志望に合格するのが精神衛生上いいと古文の講師は云った。
第4志望に入学することになって身に沁みた。
 
やっと一人暮らしができると喜び勇むが、そもそも生来うまく遊んでストレス発散ができない。
オケや大学でストレスが溜まり続けるが解消法がこれまたいけない。
ワインを1瓶空けてそのまま寝落ちと酒に頼る。
 
一方、大学といえば課題。
特にゼミのものとなると数日かかる。連日徹夜で乗り切るために使ったのはカフェイン製剤。
摂取量が用量を超えていたので余計眠れなくなった。
 
そして、専門課程に入った3年次の7月、精神科で初めて診察を受けることになった。

実家に戻り無理せず休むように医師に言われているが、活動を狭める選択をしなかった。

そして今、睡眠をコントロール出来ない体になった。
寝付きにくく眠りが浅い。必要より早く起きる。それでまだ眠剤が効いているようで寝る。
1日の活動時間は健常者の半分に。
 

どうだろう、気が滅入るだろうか。
今日は、ここまで酷くはならないまでも、眠りにくくならない方法を書いていこう。


傷めつけてやっとわかった睡眠に効くこと

 

1.耳栓をする
長年使っていて、最近は夜だけでなく気が塞いで気を落ち着かせるために伏せる時も使う。
雑音を遮るだけでなく、アイマスクと併用して内側に篭ることで寝入り易くなる。


 

ミス サイレンシア

ミス サイレンシア


 

2.自然音や催眠効果のあるCDをかけ流す
メンタルクリニックで受診せずとも軽く眠れない人におすすめ。
刺激が少なく脳波の一つα波を引き出すことによって眠りやすくなる。
 
睡眠浴-倍音浴2-

睡眠浴-倍音浴2-

 
3.睡眠時間を削る選択を削る前に自問自答する
例えば「仕事や勉強、夜を徹してまで終わらせたい?」「今日削れるはずだった時間を仕事に回せるよね?」
これでブレーキ。
どうしても削る場合はカフェイン製剤や珈琲ではなく人の支えや助けを得よう。
近くにいなくても電話やチャットで。


4.ディスプレイを長く見続けるなら目を癒し潤す
疲れる。況やドライアイをや。
PCメガネを着用、目薬を点眼。
睡眠はチューニング
  
ヴァイオリンやギターの元はどうしても緩んで音が低くなってしまう。
演奏や練習前にはラの音の基準である440Hzにラの開放弦を合わせて、他の弦をその間隔似合わせる。
これを調弦といい、チューニングともいう。
 
精確にチューニングをするために、1つの楽器で5~10分、オーケストラだと1時間かけた指揮者もいる。
日中の活動を室のいいものにするためには、個人差はあるが6~8時間は必要だ。
楽器より睡眠と云う名のチューニングはより難しい。
 
バッドチューニングという言葉がある。
よく調音したあとにわざとそれぞれの弦の音を変えてしまうというもの。
あるバンドはこれで緊張感を高めていい演奏をしたという。
これは高いテクニックがあればこそできるもの。
 
しかし睡眠にはバッドチューニングは効かない。続けたら改善は難しい。
睡眠は生命活動を支えるチューニング。
1回のステージには効いても、こちらは数十年を支える。
上記の「睡眠に効くこと」はあくまでも音叉やチューナーであって、それ自体がチューニングをするわけじゃない。
 
これを読んだ方はよく眠りたいだろう。
ちょっと眠りにくくなったらすぐに復調されたし。

では、今日も良い眠りを。

Take your way!
  

誕生日を機にこれまでの歩みを振り返る

7月31日、今日はわたしの誕生日だ。
今までを振り返るのには丁度いい日だろう。
いつの日だか、誕生日のメッセージにこの様な言葉を頂いた

今日は宮﨑さんが生まれた奇跡の日!

その時はよくわからなかった。正直今でもよく分からない。
ただ、それなりに面白いとは思う。
では行こうか。
 

意志と諦め~幼少期から大学まで

 
子供の頃の夢は「古生物学者」だった。
その時はその言葉は知らなかったのだけど、国立科学博物館や他の恐竜展で雄々しい姿で展示されている化石・大百科に書かれた想像図を見、動きやその生活する姿に思いを馳せた。存在する環境はどんなものか想像もした。
けども、宿題やいじめを受けること、塾通いに追われるうちに頭の隅の済に追いやられて「、遂には過去の事になった。
 
小学校高学年から中学1年で成績が良かったこともあるのか、上昇志向が強くて、国家公務員を志望した。それもキャリア。
だが、これも官官接待で遊ぶ汚い大人に嫌気が差してそれも捨てた。
 
「世捨人のように生きようか」
中学3年の頃には夢も現実も捨てたのか、それとも厨二病なのか…
 
そんなわたしにものめり込むほど好きなものができた。
美術観賞と器楽演奏、クラシック音楽鑑賞。
 
幼少の頃から母親に連れられていた美術館。
見ていくうちにその雰囲気を好むようになった。特に日本美術。高校美術で2年連続で鑑賞レポートのために見に行ったことも手伝って大学で美術史学を専攻することに決めた。
ヴァイオリンは難しい。正直云って我慢の連続。それでも、合奏が一致して綺麗な音が出たとき・他のパートが決めたときの感激はそれを忘れさせるものだし、何より自身の音が好きだった。
 
大学2年のとき、演奏会のプログラムに曲目解説を描く機会を得たことで段々文章を書くことが好きになった。
書くことを仕事に出来れば…こう考えるようになったのは4年時。


大学での挫折、それでも続けてきたもの

 
睡眠障害うつ病を患うようになって、3年のとき既に勉強に耐えうる力はなかった。
元々気が弱が弱く、所属楽団で先輩と、同期生で彼等の派閥にいる者に叩かれたのが手伝ったのだろう。
7年前に退学して、それで研究者への道を諦めたのだった。
 
弦楽合奏団の指導をしながら無為に過ごす時間が続く。
これにも終わりがあって落ち込むこともあった。
それでも続けていたのが、美術館通いとブログ・Twitterで記事を書くこと、演奏会鑑賞。
高校・大学で好きになったこの3つを続けていて、やっと活路を見いだせたのかもしれない
 
好きなことを通じて生きていくことに決めた今年、人生の中で一番幸せな時間。
仕事や活動で全面に出していけば、更に楽しく生きていける、きっと。
 

これからの人生に必要なこと

 
そのために今は足場を築くことだ。
1つは健康。睡眠障害と精神障害で多くの薬品を飲み続けて、基礎代謝と免疫力が落ちている。
これではまともに動けない。事実今がそうなのだから。
体力をつけることで健康体に戻すことだ。
 
2つ目は自室を整えて快適にすること。
音楽や美術の関連書籍やその他の書物、CD・映像ソフト、楽譜があることで資料は当分困ることはない。
PCやタブレット端末、スマートフォンもあって情報発信に十分な環境もある。
それでも書が積み重なり、見た目にも心地よくなければいいパフォーマンスは出来ない。
早く片付けることだ。
 
この2つをある程度達成したところで、大学に再就学すること。
人脈を辿っていけば著述家になる道も出来るだろう。
ただ、それは今まで実績を積んできた人が勝ち取れること。
遠回り過ぎる道は取らない。
研究者になることで地道に書く仕事をとっていく。

さあ、これからだ。

夢をみる言葉

夢をみる言葉



Take your way!

考え事を一歩先に進めるにはやっぱり手書きのメモでしょ!

意外と忘れるカタカナ1つ

昨日Twitterで知り合いが呟いていた、「デジタルデバイスを使い続けている50音やアルファベットで幾つか忘れているものが出てくる」と。

わたしもそうなのだ。カタカナの中で幾つか覚えていないものがある。

提出する書類があって書けないものがあるといちいちメモアプリを開いてから確認して書く。
 
すぐに書けないと精神衛生上よくないし書いていて言葉に詰まるとそこで考えていることが止まるのだ。
 

手書きへの回帰

f:id:brahmsist:20130727222258j:plain

こうなるとリハビリだ。
書けない漢字があれば恥を偲んで一度iPhoneか何かで確認、しっかりとノートに刻み込むように丁寧に書く。
さあ、メモも目的があれば撮る機会が増える。
そうだ、ブログだ。
書きたいテーマに関する言葉を書けばそれから考えが広がる。
これはわたしだけだろうか、紙やペンを使って書くのは視覚はもちろん触覚を刺激するのでテキストエディタを使って書くよりも捗るのだ。
 
ブログにするときは最後にブログエディタで仕上げればいい。
 

使う文房具は気に入ったものを

使いたくなるものがいい。続けられるしメモ自体が楽しみになる様になる。
 
 
わたしが使うノートはモレスキン
表紙はレリーフになっており美しく紙も質がいい。触っていても筆致も心地がいい。
 
ペンは結構いい加減なのだが目的があれば使い続けられる。
また、ペンは小さいゆえ気をつけていてもなくす可能性は否定できない。
なくしても後悔しない、それでもある程度書き味がいいものを。1本¥400前後がちょうどいい。
 
丁寧に書く必要はない
だってメモだもの。誰かに見せる訳じゃない。
丁寧に書ければ綺麗だしそれにしくはないが、時間はかかる。字がうまくなければ尚更のこと。


手書きでさっさと思いつくままに書いていけばいいアイデアが浮かぶかもよ!?
 
Take your way!
 

失敗を受け入れて迷いながらも進めー:判断一つで選択が増える、そして判断し続ける お終い

様々な失敗をしてきた。人に裏切られもしてきた。それでも歩み続ける決心をした。
今回は その1 その2 その3 と続けてきた 判断一つで選択が増える、そして判断し続ける の最終章。


ようやくついた決心

最近のことか、児童ポルノ規制について考えているときに判断の余裕さえ許さない規制側の考えには賛成できない…
ちょうどその頃あるアニメを見ていた。
デビルサバイバー2 ザ アニメーション。
 
悪魔を召喚して戦う人類が生き残れるか否かの厳しい試練を乗り越え、更に世界の秩序の前に生き残ったものが埋まり変わる世界を望んだように決めることができる
テーマは「生きること」
主人公 久世響希は「生きるとは選び続けること、考えをやめないこと」という。
丁度一致した。
 
 

後腐れや「嘘を嘘」と判断するには

冷静にいることでできるだけノイズを減らして考え判断する。
ノイズとは、物事についた世間の持つ固定観念や偏見。
そして自身の偏見や過去の体験への思い。
 
固定観念や偏見は1次情報を確認することで払拭できる。
1次情報そのものを出来るだけ集め、細かく検証することでより精確に物事を見ることができる。
 
過去の体験への思いを超えるのは大変なことだ。
こびりついた不幸な体験の払拭は難しい。
 
しかし過去は過去、執着は閉ざすものだ。
我々は一寸先でも未来への決断を下さねばならない。
 
過去への執着を消すには経験がものをいう。
家康公御遺訓には「過ぎたるは及ばざるに優れり」という。
彼の境地に至ることは難しい。
彼から学ぶのは許し、過去への自身や関わった人への許しなのだ。
 
最後にこの曲をおくろう。
Take your way:livetune adding Fukaze(Sekai no Owari)

曲名を記事の最後に書いている。
そう、「おのが道を進め」というメッセージなのだ。
 
Take Your Way - Single - livetune adding Fukase (from SEKAI NO OWARI)
Take your way!

判断一つで選択が増える、そして判断し続ける その3

 

f:id:brahmsist:20130718215846j:plain


受験勉強に判断ミスはつきもの

うまくいかない原因は受験にもある。
  1. 闇雲に時間を使って勉強して睡眠時間を削り集中力や解答に使う判断力を低下させてしまう
  2. 講座を取り過ぎて消化しきれなくなる
  3. 参考書を次々と買いあさり消化しきれなくなる
ちょっと其々見ていこうか。
  1. 仕事にとっても睡眠不足は敵。大学受験の目指すところは入試合格、一夜漬けでなんとかなる定期テストとは違う(定期テストも長い目で見ればそんなことはないのだけど)。
  2. 衛生予備校に通っていたときのこと。夏期講習、1科目につき1講座で良かった。それでも多くて英国数で文系だと8科目で良かったかもしれない。
    兎に角方法を多く知っても使いこなせなければ意味が無い。
    使いこなせるようになれば大きな武器になる。
  3. 講座と同じく1冊に書いてある方法を使いこなせるようになるのが理想。
    価格が低いので自分と合わなければ買い換えやすいのだがいかんせん多く買い過ぎてしまって使うものを絞ることができなくなって迷子になってしまう
今でこそ振り返ってどこが悪かったのか挙げることができるのだけど、当時気が付かなかったものばかり。
積もり積もると本番で痛い目にあってドツボにはまったのであった。
 

判断ミスを修正すること


当時こんなことを知っていれば良かった、と思うものをば。
細かい作戦とその管理・反省があれば酷いミスをしようとも方向修正が出来た、そんな方法。
 
即ち、自分の実力を志望校の合格基準・出題傾向と比べてその差を埋める計画を立てて日・週・月単位で管理する。
計画とタスク管理を知っていれば現役の時に全落ちすることもなければ浪人の時も後悔しない結果を残せただろう。
 
でも、その選択は正しかった、今はそう思える。
何故なのか、それは次 最終章にて。
 
Take your way!

判断一つで選択が増える、そして判断し続ける-その2

失敗に向かったことにも判断はつきもの


選択や判断の殆どには理由がある。
結果は成功でもその過程には失敗したこともあるし、結果そのものが失敗のことすらある。

試験も選択の連続だ。
他のことは失敗があっても思いもよらぬ発見や別の視点から見ること*1によって成功と見做せるもの-例えば発明や研究-もあるが、試験は成功と失敗しかない。
今回はわたしの大学受験の体験を基にその話をする。
その前に2-1として進学を決めた動機を。
 

子供時代の思いと趣味、大学進学と学科決定

わたしはどんな子供だったか。
小学3年生の頃、名前がある犯罪者と似ているだけでいじめを受けた。
傍観者も含めて冷たく接してきた人々の態度が変わったのは学校の成績が目ざましく良くなったことを知ったとき。
 
「ああ、人ってこういうのなんだ、そしてこれからも沢山…」、そんな諦めと厭世感の中で過ごす中、人生の暇潰しのために選んだのが大学進学だった。それなりに成績もいいし、と。
 
そして何を学ぶか。
美術を見るのが好きだ。
物心ついたときから母に美術鑑賞に連れられて、その内好きになったのだろう、自ら上野恩賜公園内の美術館博物館にも通うように。
一人で行くときは日本美術をよく見ていたが、古文や漢文が苦手で資料が読めない不安が先立って西洋美術史学をやろうと決めた。
 
※「日本美術が好きなのに何故西洋美術史学を選んだか」という質問について答えるとき、"西洋のことを学びそれを相対化したら日本のことがわかるんだ"、と答える。それは事実なのだが後付だったりする。
 

進学の理由はいい加減でも構わない

どうしても抗議を受けたい教官がいたりしっかりと考えるのもいい。
何をしたいのかわからないが入学したらなにかやりたいことが見つかるだろう、と思っても。

これからを生き抜くために大学時代にすべきこと

これからを生き抜くために大学時代にすべきこと


Take your way!

 
 
 

選び続けよ、そうすれば望むように生きられる-No Secound LifeSeminor 16 #nsl116

判断をこのブログで書き続ける理由

環境に何不自由なく生活している人でも人生のターニングポイントの決断をを他人の主張に委ねてしまう。何かしら不自由があるならそれは主張どころではなく生まれや環境による障害なら決断は更に難しくなる。
然しながら、決断の妥協の隙があるならば失敗から学ぶことができる。
他者に責任を追わせることは自身との関係の有る無しに関わらず辛く悔しい。
反面、自身に責任を負って生きることは爽快なのだ。
 
それ故、強く判断し[それを続けることを書くことを決めた。
このことをを、立花岳志さん(@ttachi 作家・ブログNo Secound Life 主催)のセミナーで再確認した。
 

大きな成功は小さな成功の積み重ね

ブログを今始めたからからといって、書き手の確認以外のアクセス数は増えるわけではない。
ランニングを始めたからといって翌日フルマラソンを完走できるようになるわけではない。

作家・東京都知事猪瀬直樹氏は初参加の東京マラソンで完走したが、最初は800mのジョギングから始めた。
動かなければ走ることは出来ない。
多くの有名なピアニストも調整の合った椅子に座ることから始めた。
ピアノの前に座らなければ弾くことは出来ない。
 
わたしに云われるまでもなくわかること、いや、当然のことと思われるだろう。
違うのだ。彼らは動き続け、ピアノの前に座り続ける事ができた。
それらがいわば小さな成功といえよう。
継続は力なり という言葉を馬鹿にしがちだが続けらればこそ説得力が有るのではないだろうか。
 

わたしの目指すことと行うべきこと

再び大学に入学し研究者を目指す、これが大学在学中に精神疾患に陥ってから望んでいるものだ。
研究者になるには大学に入らなくてもそれこそ積み重ねがあればできるが、大学に入れば資料も環境も整っているし先達者から直接アドヴァイスを受けることができる。
大学に入るためには入試試験の合格、合格には試験科目の理解と再現をできるように、そのためには学習を。
 

無理の無いところから始める受験勉強

一度東北大学の入試に合格したことがあろうと1から始める。
数学ならば数学Ⅰ「方程式と不等式」から。
確実な方法があるならば小さなプライドは捨ててしまっていいのだ。
ただ、過去に旧帝大に合格したことは揺るぎない事実なのだからそのことは自信に持っていていいだろう。

次のxについて求めよ
x-1=0
先ずはこれから始める。

ノマドワーカーという生き方

ノマドワーカーという生き方

 

Take your way!